伊能恵子の担当したプロゴルファーは誰?経歴や実績が気になる!

今回は伊能恵子さんのお話です。
伊能恵子さんはプロのキャディーさんなんですよ〜

今回は、プロキャディーの伊能恵子さんさんのお話です。

伊能恵子さんといえば、プロゴルダーの片岡大育さんを担当していますよね。

たくさんのゴルファーの優勝に貢献してきたので、

カリスマキャディーともいわれています。

伊能恵子ってどんな人?

彩香、最近何かスポーツしてる?
最近、ゴルフでもしてみようかと思ってるわ。

彩香

え?ゴルフ!?
すごく難しそうだよ?
仕事のお得意さんがね、ゴルフに誘ってくれたの。
プロ経験のあるキャディーさんが一緒に回って教えてくれるらしいから、ちょっと興味があってね。

彩香

すごいじゃん!
でもさぁ、キャディーさんにもプロとかあるの?
もちろんあるわよ。
プロゴルファーの片岡大育さんを担当を担当した伊能恵子さんなんて、カリスマって言われているわ。

彩香

カリスマかぁ。
凄そう!

プロキャディーでカリスマと呼ばれているのが伊能恵子さんです。

キャディーのお仕事は、ゴルフ場をプレイヤーと一緒に回り、

コースの説明や、ゴルフクラブの選び方のアドバイスをしたりします。

ゴルフの知識が必要です。

また、ゴルフ場を一緒に回るので、結構な距離を歩きます。

教えて!gooにキャディーのお仕事の大変さを投稿されている方がおられましたので紹介しますね。

まず体力がいります。
一日18ホール、最高36ホール廻ります。18ホール、10キロ近くあります。おかげで足に筋肉がつきました。
それから1コースごとのコース説明を求められることもあるので覚えないといけません。
これはだんだん覚えていきますが、グリーンの芝目、バンカーの有無、距離など覚えることはいっぱいあります。
あと4人のお客様の相手をしますので、すぐさま名前、顔、その人の飛距離によって渡すクラブを覚えます。私は顔覚えが悪かったので苦労しました・・・。
それから基本的なゴルフのルール、エチケットなども最低限必要なことです。
あと、朝が早いです。
7時代からラウンドが始まるときもあります。

出展:教えて!goo

 

1日で10キロも歩くなんて、大変そう。

それに、コースごとの知識とか、色々と覚えることがありそうですよね。

どんなお仕事でも大変なところはありますよね。

沙羅は、カフェのお仕事なので、お客さまを覚えるのは得意なんです。

でも、お勉強は苦手なので、コースのこととか、覚えるのは大変そうです。

 

でも、楽しいところも沢山あるみたいです。

実際グリーンに出ると気持ちいいですよ。
お客さまにもよりますが、自分で何でもしてくれる人だったらカートを押すだけですむときもあって、のんびり森林の中を歩いて散歩をしている気分になります。

出展:教えて!goo

 

天気の良い日に森林を歩くのは、気持ち良さそうですよね。

マイナスイオンを沢山あびそうです〜。

 

っと、今回は伊能恵子さんのお話でした。

伊能恵子さん、カリスマといわれるほどのプロキャディーなのです。

伊能恵子さんのオフィシャルブログにプロフィールがありました。

ニックネーム:伊能恵子

性別:女性

誕生日:1969年5月26日

血液型:B型

 

出展:伊能恵子オフィシャルブログ「日々是好日」Powered by Ameba

オフィシャルブログはこちらです。

伊能恵子オフィシャルブログ「日々是好日」Powered by Ameba-伊能恵子オフィシャルブログ「日々是好日」Powered by Ameba

伊能恵子さんは、プロキャディーさんですが、リンパマッサージの資格も持たれています。

プロキャディ 兼 リンパマッサージ師。
平塚哲二、久保谷健一、池田勇太など、トッププロのツアーキャディとして10年間で計8勝に貢献。
リンパマッサージの資格をとり、プロゴルファーを中心にアスリートたちの身体のケアに携わる。

出展:伊能恵子プロキャディ×Stretch Pad – ストレッチパッド(Stretch Pad)

伊能恵子さん、プロゴルファーの体調管理までされているんですね!

キャディーのお仕事だけでも大変なのに、

プロゴルファーが勝つために努力を惜しまない姿勢が素敵です!

 

そんな伊能恵子さん、実は伊能忠敬の子孫なんです。

伊能恵子さん(47)。江戸時代に初めて日本地図を作った伊能忠敬の子孫

 

引用:片岡大育、姉さんキャディーとコンビで“初V” – 国内男子 : 日刊スポーツ

伊能忠敬って、江戸時代に日本地図を作った人ですよね。

沙羅も学校で習いましたよ〜。

伊能恵子さん、って凄いキャディーさんなのね〜。
どんなプロゴルファーの担当をしてたんだろ??

伊能恵子が担当したプロゴルファーは誰?

伊能恵子さんが担当したプロゴルファーは、最近では片岡大育さんが有名ね。

片岡大育さんは、2015年の関西オープンで初優勝してます。

そして、2016年のトップ杯東海クラシックで2勝目を記録しているんです。

この時のキャディーが伊能恵子さんなのです!

2016年のトップ杯東海クラシックでは、格上の選手との戦いでした。

片岡大育さん、とても緊張していたといいます。

その緊張をほぐし、優勝に貢献したのが伊能恵子さんです。

この優勝はとっても嬉しかったんだと思います。

伊能恵子さんが、片岡大育さんをお姫様抱っこしてる写真がスポーツ新聞に載ってました。

伊能恵子さんがですよ!伊能恵子さんがが片岡大育さんをお姫様抱っこです!

その時の記事がこちら。

片岡大育、姉さんキャディーとコンビで“初V” – 国内男子 : 日刊スポーツ-日刊スポーツ

お姫様抱っこしてますよ!

伊能恵子さん、力持ちです〜。

 

伊能恵子さんが担当した方達がこちら。

  • 平塚哲二さん
  • 久保谷健一さん
  • 池田裕太さん
  • 岡本綾子さん
  • 古関美保さん
  • 片岡大育さん
たくさんの選手を担当されているのですね!

 

伊能恵子の経歴や実績が気になる!

伊能恵子さんって、最初からプロキャディー目指してたのかな?

伊能恵子さんは、高校を卒業した後、幼稚園の先生になりたかったそうです。

幼稚園の先生の資格を取る資金を貯めるため、ゴルフ場でお仕事を始めたのがきっかけで、

ゴルフが好きになったそうです。

そして周りから、キャディーの仕事を進められ、本格的にキャディーを始めたそうです。

 

伊能恵子さんの職業観もすごいです。

担当する選手のためにと、リンパマッサージ師の資格を取って、

選手の体調のケアまでしています。

 

そんな伊能恵子さん、10年間で担当した選手の優勝数が合計で8回です。

10年間で8回の優勝に貢献しているキャディーさんは伊能恵子さんだけ。

なのでカリスマと呼ばれているんですね!

 

まとめ

伊能恵子さん、すごい方でしたね。
カリスマと呼ばれるくらい、仕事に徹しているんだと思います。
沙羅もカリスマ店員って呼ばれたいなぁ。

今回は伊能恵子さんのお話でした。

伊能恵子さんは江戸時代に初めて日本地図を作った、歴史的に有名な伊能忠敬の子孫。

そして、担当するプロロルファーのため、リンパマッサージ師の資格を取り、

体調管理までするという徹底ぶりです。

本当の職人って感じですよね!