WH-1000XM2レビュー!高音の音質や遅延・ノイズキャンセリングについて

どーも、カノンです。今日は、WH-1000XM2の実機レビューをお伝え。WH-1000XM2ワイヤレスノイズキャンセリング搭載のSONYのヘッドフォン。実際に使ってみた感想。

 

今回は、WH-1000XM2の実機レビューをお届け。

上の画像は、WH-1000XM2じゃない。

使用感のイメージってことで。

実物はこれ。

 

WH-1000XM2は、SONYワイヤレスノイズキャンセリング搭載ヘッドフォン

2世代目の商品。

1つ前のWH-1000XMも評価が高かっただけに、気になってる人も多かったと思う。

実際、カノンも気になってた。

実際に使う機会があったので、レビューしてみる。

あくまで、カノンが実際に感じた事だから、参考程度に。

 

WH-1000XM2ってどんなヘッドフォン?

沙羅、このヘッドフォンしてみて。

 

はいはい。

沙羅

 

沙羅、聞こえる?

 

はいはい?

沙羅

 

沙羅、まな板。

また面白そうなことしてるね〜。それ、ノイズキャンセリングのヘッドフォン?沙羅の悪口言っても聞こえないの?沙羅、まな板ー

音葉

音葉、今聞こえてる・・・
音葉ちゃん・・・

沙羅

 

SONYWH-1000XM2

Bluetooth接続のノイズキャンセリングヘッドフォンだ。

付属品にケーブルも入ってるから、有線接続もできる。

そして、飛行機用の変換プラグも付いている。

 

特徴は、2つ。

Bluetooth接続ノイズキャンセリング

 

最近のiPhoneは7からイヤフォンジャックが無くなった。

なので、iPhoneで使う場合、変換ケーブルを使うか、Bluetoothで接続する事になる。

各社、Bluetoothのヘッドフォン、イヤフォンの販売を進めている。

今後、Bluetooth接続がメジャーになってくるのは間違いない。

 

もう一つの特徴がノイズキャンセリング機能

これは、外部の音をテクノロジーで遮断してしまう技術

カノンは、BOSEQuietComfort 35 wireless headphonesで初めてノイズキャンセリングを体験した。

ただただ、ビックリしたのを覚えている。

外部の音をかなり遮断してくれる。

静寂にはならないが、かなり静かになる

そして、ヘッドフォンを外した時に、自分の周りの音が結構あった事に驚かされる

つけた時、外した時と2度驚いた。

 

WH-1000XM2にも、ノイズキャンセリング機能が搭載されている。

WH-1000XM2のノイズキャンセリングに関する機能は、かなり考えられている。

右耳の部分を手で覆うと、ノイズキャンセリングがオフになり、外部の音を取り込んでくれる

この機能はとても便利。

外の音を聞く必要がある時にヘッドフォンを外さないで済むのは便利だ。

ヘッドフォンの付け外しは、髪型によっては結構しんどい。

 

ちなみに、音葉が沙羅の悪口を言っている時、この機能でノイズキャンセリングがオフになっていた。

沙羅、違うん、まな板を貸して欲しくて・・・

音葉

 

 

また、環境に合わせてノイズキャンセリングの効き具合を常時調整してくれる。

外で、歩きながらWH-1000XM2を使っていると、ノイズキャンセリングが弱くなる

どこかに座ってマッタリしていると、ノイズキャンセリングが強くなる

これはとても便利だと感じた。

 

ノイズキャンセリング機能以前に、

外でヘッドフォンやインイヤータイプのイヤホンを使ってると、

物理的に外部の音をある程度遮断してしまうので結構危ない。

でもWH-1000XM2は自動で調整し、外の音を取り込んでくれるので逆に安全かもしれない、

 

WH-1000XM2がどんなヘッドフォンか、知ってもらえただろうか?

 

WH-1000XM2のノイズキャンセリングってどんな感じ?

カノンちゃん、凄いねこのヘッドフォン。外の音が聞こえなくなるんだね〜。

沙羅

 

うん。右耳のところを手で覆えば、聞こえるようになる。

 

さっきも紹介したとおり、

WH-1000XM2ノイズキャンセリングは、右耳の部分を覆うと、一時的にオフになる

そして、この右耳の部分はコントローラーにもなっていて、

指で下から上になぞると、ボリュームが上がる。

上から下になぞると、ボリュームが下がる。

左右で曲送り、曲戻りになる。

わざわざiPhoneを触らなくても、操作できるのがとても便利。

 

そして実際のノイズキャンセリングの効き具合。

ノイズキャンセリングで、全くの静寂になるわけではない

周りの音がかなり小さくなる。

全くの静寂になるわけじゃない。

例えば、室内でドアの開け閉めの音とかは、ほぼ分からない。

人の会話も、ひそひそ声くらいになる。

トイレの水の流れる音は割と聞こえる。

パソコンのキーボードを打つ音は聞こえない。

 

静寂になるわけではないけど、かなり音が小さくなるから、

バスや電車では、とても快適に過ごせる

自動調整では、周辺の気圧も図って調整してくれるので、飛行機でも快適に使えると思う。

 

この状態で音楽が鳴るから、外の音は本当に気にならなく鳴るのは凄い事だと思う。

 

ノイズキャンセリングを一時的にオフにすると、外部の音が聞こえてくる。

これは、ヘッドフォンの外部の音をマイクが拾って、再生される。

だから、外の生の音ではなく、一度機械を通した感じの音が聞こえる。

あくまで一時的に使う機能だけど、面白い。

ただ、右利きの人が多いから、これは左にして欲しかった。

何かメモとかしたい時とか、右手を使わされてしまうのはちょっと残念。

 

WH-1000XM2の高音の音質について

カノンは、クリアで解像度の高い音が好み。

WH-1000XM2は、低音が重視された音質だと感じた。

同じSONYが同時期に発売したWF-1000Xも試して比べてみた。

WF-1000Xは、左右独立型のイヤホンタイプ

画像はこれ。

耳に挿すタイプなので、取り回しが楽なのがいい。

ただ、やはり小さいので、バッテリーの持ちは悪い。

 

ヘッドフォンタイプのWH-1000XM2とイヤホンタイプのWF-1000X

カノン的にはイヤホンタイプのWF-1000Xの方が、高音はクリアに感じた

WF-1000Xに比べると、ヘッドフォンタイプのWH-1000XM2は高音がややこもった感じ

耳に直接挿すので、ダイレクトに音が入ってくるからかもしれない。

 

逆に低音は、ヘッドフォンタイプのWH-1000XM2の方がやはりしっかりしてる。

イヤホンタイプのWF-1000Xは、ドンシャリ感がある。

音響というか、音場というか、臨場感はヘッドフォンタイプのWH-1000XM2

なので、クラシックのような壮大感のある曲はとても聞きごたえがある。

逆にドンシャリ感が好きならイヤホンタイプのWF-1000X

今時って感じかな。

 

どちらも、専用のアプリが用意されてるので、イコライザの調整が可能。

結構好みの音に調整ができる。

 

アプリでの調整で面白いのが、音の聞こえる方向を設定できること。

やや右とか、やや左、やや後ろ右、やや後ろ左といった感じの調整ができる。

ただ、なぜか真後ろが無い。

でもこの機能、カノンはいらないと思う。

 

WH-1000XM2の遅延は?

Bluetooth接続といえば、気になるのが遅延。

iPhone7以降、リズムゲームユーザーは特にこれが気になる事だと思う。

遅延が少ないと言われるApple製のAirPodsでも、

デレステなどのリズムゲームでは、タイミングがずれてしまって不向き。

 

WH-1000XM2でも、やっぱり遅延は発生する。

AirPodsだと、YouTubeやムービーだと気にならない程度まで遅延が抑えられている。

WH-1000XM2の場合、YouTubeやムービーは、ちょっと無理なレベルで遅延が発生してしまう

ワンテンポ遅れる感じ。

デレステだと、明らかに無理だった。

 

今後のファームウェアアップデートとかでも、遅延が無くなることはないと思う。

Bluetooth接続のデメリットの一つだと思う。

 

YouTubeやムービーを楽しみたいならApple製品の方が良さそう

ゲームをするなら、WH-1000XM2を有線接続で使うが良いと思う。

この場合の問題は、iPhoneを充電しながらWH-1000XM2を使うことができない

二股になった変換アダプターを買わないといけない。

例えばこれ。

Amazon | IOS 11 対応 iPhone iPad iPod イヤホン 変換 ケーブル iPhone7 イヤホン 充電 iPhone8 イヤホン ジャック 二股 2in1 ライトニング lightning audio charge rockstar 充電/音量調節/音楽再生/高音質 | コネクタ・変換ケーブル 通販-Amazon

これは、イヤホンジャックとタイトニングケーブルを同時に使える便利グッズ。

1つ持っておくと便利かも。

 

どれもこれも1台でっていうのは、iPhoneに関しては実は難しいのが悩みどころ。

 

ちなみに、アプリの設定でサラウンドを変えると、結構感動。

好みの音になるように設定を探るのも面白い。

 

まとめ

今回は、SONYのワイヤレスノイズキャンセリングヘッドフォンのをWH-1000XM2紹介した。ワイヤレスでノイズキャンセリングならWH-1000XM2で間違い無いと思う。じっくりと音楽を聴きたい人にはオススメのヘッドフォン。

 

今回は、WH-1000XM2を紹介。

ノイズキャンセリング搭載のBluetooth接続が可能なヘッドフォンなら間違いなくオススメ

ただ、遅延は発生するので、あくまで音楽がメインの人向けの製品。

有線で接続しても大丈夫だって人なら、問題なさそう。

iPhoneユーザーの場合は、結局Apple製品の方が遅延が無いのでオススメ。

良い音でムービーをって人は、iPhoneの場合は選択肢が少ない・・・

 

そして、夜間の高速バスでWH-1000XM2を試してみたからレビューしてみた。

https://lattetime.jp/768.html

WH-1000XM2のノイズキャンセリング機能はとても凄いと思う。