北田雄夫がハマるアドベンチャーランナーの魅力とは?収入や経歴について

アスリートが大好きです!音葉です!今回は、アドベンチャーランナー北田雄夫さんを紹介するよ!アドベンチャーランナーってどんなスポーツかな?気になるよね〜。

 

今回は、アドベンチャーランナー北田雄夫さんを紹介しますね!

アドベンチャーマラソンって、知ってます?

北田雄夫さんは、アドベンチャーマラソンを走る、アドベンチャーランナーなんです!

アドベンチャーマラソンは、世界一過酷なマラソンマラソンの一つと言われてるんです!

どんなマラソンなのか気になりますよね!

 

北田雄夫さんのYouTubeチャンネルに動画がありました。

この動画自体は、ポジティブで明るいイメージ。

でも、こんな場所を走るんだと思うと、過酷ですよね〜。

灼熱の砂漠、極寒の氷河、獣との遭遇…世界一過酷といわれるマラソン多くの危険と苦難は伴うが、自分自身の可能性を信じてチャレンジしていきたい。 世界七大陸走破へ!

引用:北田雄夫 アドベンチャーランナー 世界七大陸への挑戦 – YouTube

動画の説明には、このように書かれています。

灼熱の砂漠や極寒の氷河を走るんですね。

獣との遭遇って、超危険じゃないですか!

これは、世界一過酷なはずです!

 

それでは、北田雄夫さんについて紹介していきますね!

アドベンチャーマラソンってどんなマラソン?

んっと、まずはアドベンチャーマラソンから紹介していきますね!

 

アドベンチャーマラソンは、世界一過酷なマラソンと言われているんです!

2016年9月25日から7日間かけて、アメリカのグランドキャニオンで

アドベンチャーマラソン「Grand to Grand Ultra」が行われました。

 

これが、Grand to Grand Ultra2016のティザー動画です。

もう、マラソンというより、冒険ですよね。

あ、だからアドベンチャーなんですね、あはは。

 

このマラソン、どんなマラソンかというと、

地球の果てを走る、世界一過酷なマラソン。その多くは、過酷な自然環境(砂漠やジャングル、氷河地帯)にて行われるため、「気温-50~50℃」「湿度5~95%」になることもあります。そのような環境の中、レース期間中の食料や衣料や寝袋、サバイバル道具など、水以外のすべてを背負いながら200~1,600kmを走ります。レースによっては、「高度3,000m以上」「山・川・沼・洞窟」「獣や虫の危険」などを乗り越える必要があるため、走力以外にも精神力や生命力が求められるレースでもあります。

引用:アドベンチャーランナー 北田雄夫、世界一過酷なマラソンのひとつ『Grand to Grand Ultra(273km)』で年代別優勝!~日本人初、世界七大陸走破に挑む!~|プレスリリース配信サービス【@Press:アットプレス】

気温-50~50℃、湿度5~95%って、過酷すぎですよ・・・

走る距離は、200~1,600km。

この距離を食料や道具全て背負って走るんですね。

もう、アドベンチャーじゃなくてデンジャーですよね。

人はなぜ、危険に挑むんでしょうね・・・

私もスポーツはすきだけど、危険には挑みたくないですよ・・・

 

アドベンチャーマラソンって言葉だけ聞いた時、トライアスロンみたいなのをイメージしたんだけど、

トライアスロンは、水泳、自転車、両距離マラソンを連続で行うスポーツだから、全く別物でしたね。

 

ちなみに北田雄夫さん、Grand to Grand Ultra2016にも出場されてます。

この時の成績は、総合8位、男子30代年代別1位でした。

かかった時間は38時間05分42秒。

世界中から選手が参加する大会で、この成績はすごいですよね!

その時の北田雄夫さんのコメントもありました!

4大陸目となる今回のレースは上位入賞を狙って臨みましたが、容赦ないアップダウンと、岩や石や木ばかりのコースにより、2日目より足を痛めてしまい、3日目からは痛み止めを投与しないと走れない状態になってしまいました。歩けないほどの痛みの中、足の感覚が麻痺するまで耐えて走る日々がとても辛かったですが、みなさまの応援がすごく励みになり、無事にゴールをすることができました!ありがとうございます!これからも精一杯チャレンジしていきたいと思います!

引用:アドベンチャーランナー 北田雄夫、世界一過酷なマラソンのひとつ『Grand to Grand Ultra(273km)』で年代別優勝!~日本人初、世界七大陸走破に挑む!~|プレスリリース配信サービス【@Press:アットプレス】

足を痛めて、感覚が麻痺するまで走り続けてたんですね。

そんな状態でこの成績はやっぱりすごいですよ!

 

コースも、容赦ないアップダウンと岩や石や木ばかりだったそうです。

グランドキャニオン、こんなところです。

見るからに過酷な環境だと思いますよね・・・

 

北田雄夫さんのプロフィールと経歴

それでは、北田雄夫さんのプロフィールを紹介しますね!

  • 生年月日:1984年1月18日
  • 出身地:大阪府堺市
  • 身長:174cm
  • 体重:64kg
  • 出身大学:近畿大学
  • 出身高校:登美丘高校

1984 年生まれ、大阪府堺市出身。中学から走ることを始め、近畿大学時代に日本選手権 3 位(4×400m リレー)。その後国内外でレース経験を積み、2015 年、日本人で初めて THE TRACK(オーストラリア 521km)に挑戦し 10 位。FIRE + ICE(アイスランド 250km)では 3 位入賞。2017 年、【日本人初の世界七 大陸アドベンチャーマラソン走破】を達成。 また講演、執筆、レース映像の配信などを通じて、世界の果てで学んだ経験を伝える活動も行う。

引用:Takao Kitada

北田雄夫さん、中学生の頃から走ってるんですね。

高校は登美丘高校

登美丘高校では、2000年第55回大阪高等学校総合体育大会男子4×100mリレー7位

男子 2年 4×400m 決勝-JAIC Japan Athletic Information Center

2001年国際グランプリ陸上大阪大会男子4×100mリレーでも7位

MEN高校 4×100m タイムレース1組-JAIC Japan Athletic Information Center

近畿大学時代には、4×400mリレー日本選手権3位の成績を残されています!

リレーって盛り上がりますよね!

体育祭でもリレーは盛り上がりましたし!

 

北田雄夫さん、3位の実力ながらも、翌年の大会で限界を感じたそうです。

その後、大手科学メーカーに就職したそうですが、30歳でアドベンチャーマラソンに出会い、

練習時間を増やしたくて退職されています。

人生もアドベンチャーですよ・・・

 

そんな北田雄夫さん、座右の銘は「挑戦することは楽しむことだそうです。

実際に北田雄夫さんに会って、話を伺った方がおられました!

100人ブログ旅~Round6~北田雄夫~今までにない、驚きと感動を~|人生は想い通り!大阪/舞台人 愛の溢れるスーパー役者♡河田よし江           「やりたい事をカタチにする♡」ブログ-人生は想い通り!大阪/舞台人 愛の溢れるスーパー役者♡河田よし江           「やりたい事をカタチにする♡」ブログ

大阪で舞台女優と、自己開花スキルコーチをされている河田よし江さんのブログです。

自己開花スキルって聞かない言葉ですよね?

過去の私のように「どうせ私なんか」が口癖になっている。
自分に自信が持てず、自己否定型、自分嫌いな人へ前に進むキッカケを提供していきたい。相手に寄り添い「自分らしく生きる為のサポート」が出来ればと
自己開花コーチング(演劇+コーチング)を考案。

引用:【大阪・舞台女優】愛の溢れるスーパー役者♡河田よし江のプロフィール|Ameba (アメーバ)

前向きに頑張れるように応援されているんですね!

 

北田雄夫さんの座右の銘、河田よし江さんが実際にお会いして伺ってるんです。

北田さんとお会いした目的は、実は劇団がボランティアで行っているインド祭 インディアメーラー2013を

一緒に盛りあげて頂くべく、お声をかけさせてもらったんですが、打ち合わせで話していくうちに、

私の「この人おもしろい!」センサーが感知してしまいました~wwヾ(@°▽°@)ノ

 

だって、とってもイキイキとされてるんだものо(ж>▽<)y ☆

引用:100人ブログ旅~Round6~北田雄夫~今までにない、驚きと感動を~|人生は想い通り!大阪/舞台人 愛の溢れるスーパー役者♡河田よし江           「やりたい事をカタチにする♡」ブログ

河田よし江さんによると、北田雄夫さんはイキイキされた面白い人だったみたい!

河田よし江さんが北田雄夫さんに夢を聞いた時のやりとりがこちら。

夢は?

 

「Softbankになりたい」

 

これを聞いた私は「へ?」と言ってしまいましたww

なぜかと言うとSoftbankさんは予想もつかないことをする。
そしてお客様に満足してくれる事を
新しく提案し続ける。

そこが魅力的って! 確かに(*^ー^)ノ

引用:100人ブログ旅~Round6~北田雄夫~今までにない、驚きと感動を~|人生は想い通り!大阪/舞台人 愛の溢れるスーパー役者♡河田よし江           「やりたい事をカタチにする♡」ブログ

孫正義さんじゃなくて、Softbankって答えるところに北田雄夫さんの人間性が出てる気がしますよね〜。

 

北田雄夫さんがアドベンチャーマラソンにハマる理由は?

それにしても、とても危険なアドベンチャーマラソンに、北田雄夫さんはなぜハマっていったのでしょう?

北田雄夫さんのサイトには、

チャレンジを続けていく中で、人に元気になってもらうことが自分自身の大きな喜びになっていることに気付く。今までの「世界に挑みたい!」という思いに加えて、「人に驚きと感動を与えたい!」という思いに向かって進むことを目指す。

引用:Takao Kitada

と書かれていました。

プロのアスリートの方達がよく語られるのが、「感動を与えたい」とか「夢を与えたい」という言葉ですよね。

これは、プロで活躍したからこそ分かる醍醐味の一つなのかもしれません。

 

もう一つ、北田雄夫さんが中国のゴビ砂漠で行われたGobi Marchに参加した時の体験記を紹介します!

近畿大学陸上競技部OB会:The Gobi March 2014-近畿大学陸上競技部OB会

この記事は、7日間のレースの毎日を綴られています。

気になったのがゴール時のこと。

知人や友人からの誘いも断り続け、たくさんのことを諦めてきた
その都度その都度、弱い自分が甘えようとする。
そんな自分自身と向き合うのがすごく辛かった。
でもこうして乗り越えられたからこそ、人として大きく成長できた気がする
そのひとつのカタチとしてのゴールだ。

この先もどんな道が待っているかは、わからない。
不安も弱い自分も、たくさんある。
けれど、自分にできることをひとつひとつ積み重ねていこうと思う。
そしたらきっと、素敵な仲間ができ、素晴らしい景色に出会い、今までにない世界が広がっているはずだから

引用:近畿大学陸上競技部OB会:The Gobi March 2014

レースに参加するために、色々な事を諦めてきたんですね。

おそらく、トレーニングの日々だったんだと思います。

辛い思いが多かったトレーニングの毎日を、ゴールが癒してくれたんだと思います。

 

とても辛い挑戦の末のゴールだからこそ味わえる実感。

北田雄夫さんにしかわからない喜びと嬉しさがあるんでしょうね!

 

動画を紹介します。

北田雄夫さんがIce Ultraに参加した時の動画です。

とても過酷なレースだったのが伝わってきますよね。

 

北田雄夫さんの参加したアドベンチャーマラソン。

北田雄夫さんが参加したアドベンチャーマラソンを紹介しますね!

  • 2014年6月Gobi March(中国/ゴビ砂漠 7 日間 250km)【51 位】
  • 2014年10月Atacama Crossing(チリ/アタカマ砂漠 7 日間 250km)【64 位】
  • 2015年5月THE TRACK(オーストラリア 10 日間 521km)【10 位/日本人初挑戦】
  • 2015年8月FIRE + ICE(アイスランド 6 日間 250km)【3 位/日本人初挑戦】
  • 2016年9月Grand to Grand Ultra(アメリカ 7 日間 273km)【8 位/年代別 1 位】
  • 2016年11月The Last Desert(南極 7 日間 250km)【2 位/チーム戦】
  • 2017年2月Ice Ultra(スウェーデン 5 日間 230km)【3 位/日本人初挑戦】
  • 2017年11月Ultra Africa Race(モザンビーク 5 日間 216km)【3 位/日本人初挑戦】

Ultra Africa Raceを走破したことで、北田雄夫さんはアドベンチャーマラソンで世界7大陸を制覇されたんです!

7大陸を制覇した北田雄夫さんのコメントです!

ここまでの道のりは長かったです。砂漠、荒野、山岳、南極、そのどれもが極端で、計画も準備も大変でした。レース中は熱中症になるし、凍傷にもなるし、高山病にもなる。もちろん毎回肉体も精神もボロボロになりました。でもゴールした後には、その苦しさを超える大きな喜びがありました他の道では決して出会うことのない、世界の絶景、世界のランナーとの出会いもありました。この4年間チャレンジをしてきて、本当に良かったです。自分の目指す目標に向かって、人生を賭けて挑戦できていることが何より幸せです。今まで応援してきてくださったみなさま、本当にありがとうございます。

引用:『日本人初となる世界7大陸アドベンチャーマラソン走破』Ultra Africa Raceでアドベンチャーランナー北田雄夫が3位入賞!|プレスリリース配信サービス【@Press:アットプレス】

苦しさを超える喜び、世界の絶景、新たな出会いが北田雄夫さんの活力になってるんですね!

 

そしてこちら、北田雄夫さんのインスタです。

Ultra Africa Race3位の喜びが伝わってきますね!

 

これから、どんなチャレンジをされるのか、とっても楽しみです!

 

北田雄夫さんの収入は?

アドベンチャーランナーが本職の北田雄夫さん。

収入はどうなってるんだろう??

 

調べて見ると、北田雄夫さんは吉本興業ふるさとアスリート制度に登録されていました。

どんな制度かというと、

心技体を鍛え、スポーツと真摯に向き合ってきた方々の熱意や行動力には、人を魅了する力があります。
その優れた資質と可能性を活かせる新たな「仕組み」をつくれたら・・・。
そんな思いを、私たちはカタチにしました。それが「FA」。ふるさとアスリート制度です。

<中略>

全国47都道府県で、住みます芸人たちが地域のみなさんと協力しながら、さまざまな課題にお答えしています。
ここで得た経験やネットワークを活かし、スポーツ選手の方々と、地域からの要望をお伺いし、活躍できる場をご提供します。

引用:FA(ふるさとアスリート)ってなに? – FAふるさとアスリート

つまり、アスリートと地域を応援する制度ですね!

ふるさとアスリートは、仕事の斡旋もしてます。

北田雄夫さん、この活動から収入を得ているのでしょうね。

 

あとは、考えられるのがスポンサーや講演活動。

北田雄夫さんのサイトでは、スポンサーや講演の募集もされています。

 

これらの活動が主な収入源なんだと思います。

アスリートとして、専業で活躍されている北田雄夫さん。

トレーニングやレース参加、旅費に困らない程度は収入があるはずです。

 

まとめ

今回は、アドベンチャーランナー北田雄夫さんを紹介しました!世界一過酷なマラソンといわれるアドベンチャーマラソンに参加する北田雄夫さん。すごいですよね!

 

世界地過酷なマラソンと言われる、アドベンチャーマラソン

世界7大陸を制覇した北田雄夫さん

想像も絶するようなレースに魅せられた一人でした。

 

世界中で行われるので、過酷な環境ながらも、参加したランナーしか味わえない絶景や感動があるのでしょうね!

これからの活躍も楽しみです!

 

そして、北田雄夫さん、情熱大陸にも出演されます!

情熱大陸で、北田雄夫さんはどんな事を話されるのでしょうか?

楽しみですね!