桂文枝が指示した命名者は誰?女性の名前や顔画像(写真)を調査!

桂文枝さんて、女の人の噂が絶えないね〜

 

音葉さん?また何かあったんですか?

沙羅

神戸の演芸場の命名を女性に指示して、喜楽館っていう名前に決まったって噂なんです〜

 

また女性ですか・・・74歳なのにすごいですね・・・

沙羅

私、びっくりしたんだけど、

桂文枝さんにまた女性の影有りですよ〜

神戸の新開地に開場予定の演芸場の名前を、知人女性に指示して、それが決まったって噂。

また愛人さんなのでしょうか・・・・

今回は、その命名者になった方の名前や、顔画像(写真)を探してみたいと思います!

桂文枝の女性遍歴は?

桂文枝さんの女性付きは有名らしくて、

今までの愛人は通算100人はいたんじゃないかと言われているんだって!

奥さんたまったもんじゃないですよね〜

『新婚さんいらっしゃい』に出てる場合じゃないかも・・・

 

一番話題になった愛人さんは演歌歌手の紫艶さん。

紫艶さんは、38歳らしいんですけど、20年にわたって不倫していたらしいですよ。

ということは、18歳の時から?

桂文枝さんは、発覚した時は72歳だったから、52歳の時から?

 

すごい歳の差ですね〜

それだけ、桂文枝さんに魅力を感じたんでしょうけど、不倫はいけませんね。

20年も不倫されてた奥様の気持ちを考えると、心がざわざわしますね。

 

この発覚した発端も、紫艶さんがフェイスブックに桂文枝さんとの親密な写真をアップしたこと。

これって、愛人にとってルール違反だと思うんですけど、言いたくて仕方なかったんでしょうね。

桂文枝さんは、『ほとんど会っていなかった』といっていましたが、

紫艶さんは、少なくとも2ヶ月に1度は会っていたとラインの会話履歴を公開しちゃったりして・・・・

 

それだけ、知って欲しかったんでしょうね。

 

最新の愛人は、夏目恵美子さん(仮名)ですよね。

この方とも8年間交際していたらしいです。

しかも、紫艶さんと被ってますからね。

 

とことん、女好きだと思います・・・・

 

これは、電話の恥ずかしい音声も公開されちゃったりして、

恥ずかしい思いをされましたね。

 

夏目恵美子さんは、神戸在住で、日舞の先生をしており、

56歳の八重歯が特徴的な女性だそうです。

この女性との始まりは、夏目さんが大阪の『天満天神繁昌亭』を訪れた時、桂文枝さんと写真を撮ってもらい、その写真を送るから連絡先を教えてと桂文枝さんが言ったのがきっかけだそうです。

これも、なかなかやり手ですね。

 

夏目さんは、桂文枝さんのファンで見に行ってたんでしょうから、連絡先聞かれたら答えますよね。

桂文枝さんは、この夏目さんに、

「将来は一緒に暮らして、俺の介護をしてほしい」

とまで言っていたらしいですよ。

でも、介護って言われたら、本気じゃないとちょっと・・・・

逃げちゃうかも。

夏目さんは、本気だったのかもしれませんね。

 

こんな風に、最近は桂文枝さんの身辺は女性の影がありまくりなのです・・・・

 

奥さん大丈夫かな・・・

喜楽館とはどんな施設?

その、女性に命名させた喜楽館って、どんな施設なんですか?

沙羅

 

演芸場らしいよ〜

 

この喜楽館は、神戸市と兵庫県から1億円の助成金を受けて、神戸・新開地にこの夏に開場予定の演芸場です。

 

新開地まちづくりNPOが会場の運営を担い、名称選考を桂文枝さんを行ったらしいです。

命名した知人女性って誰なんでしょうか?

気になりますね。

調べて見ましょう!

命名した女性の名前や顔写真は?

命名者は、神戸の女性らしいのですが、

神戸の女性で愛人と言ったら、日舞の先生の夏目恵美子さん(仮名)ですよね。

https://twitter.com/maikenkoriba/status/946698117038030848

この方は神戸の人なので、まさに夏目恵美子さんが応募したのだと思われます。

そうじゃないと、また愛人か〜〜ってことになってしまいますね。

その可能性もありますけど・・・

夏目さんとは、発覚して間もないので、発覚する前に命名者になっていてもおかしくないですね。

しかも、神戸の施設ということで、神戸で公募していたと考えられますから、神戸に住んでいる夏目さんが知人女性と考えるのが自然だと小野います。

まとめ

喜楽館の命名者は、最近発覚した愛人の一人、夏目恵美子さん(仮名)ではないかと思われます。

公的な場所で、愛人さんを出してはいけませんね。

これから、桂文枝さんはずっと女性問題が付きまといそうですね。

困ったものです・・・・

 

その元気を、他に使ってほしいですね。